目に見えない圧力を視覚情報に変換してくれるロードセルとは

ロードセルの種類

ものに圧力をかけることで電気抵抗が変わり、その変化を検出するロードセンサーは様々な所で使用されていて、主に荷重や重量といった外部からの圧力を検出するセンサーとして使用されています。
圧力が加わる場所の測定ならどこでも使うことができ、大きな場所で言うと産業用のはかりや、家庭で言えばデジタル体重計、精密な検出が求められる試験機などでも使われています。
使用する場所や用途によってロードセルの種類は様々で、大きく分けて4つの種類に分けることが出来ます。
家庭用はかりなどでよく使われるのがシングルポイントと呼ばれるロードセル「ビーム型」が使われます。
直方体の形をしていて、片側に圧力をかけることでその歪を検出します。
比較的簡単な構造で実装できるため、一方向からの圧力を測る際にはよく使われます。
工業系や産業はかりで使用されるのがマルチポイントと呼ばれるロードセル「コラム型」です。
シングルポイントとの違いは複数台の値を元に歪を計算する点で、マルチポイントのコラム型では複数台セットで使用します。
主に容量が大きく、計測が難しい時などにタンク等の4方にコラム型を設置し、均一な測定が求められる場合に使用されます。
試料検査等で使われるのがS字型のロードセルです。
上下方向からの歪計測に対応していて、形はその名の通りS字フックの様な見た目をしています。
測りたい場所の中間にS字型を上下に接続し使用します。
一般的に縦に大きくなりがちのロードセルを低い場所でも使用できるよう、高さが低くなったのがダイヤフラム型で、円柱形のカバーで覆われています。
中には複数のロードセルがあり、マルチポイントで検出するタイプもあります。
物理的成約があるためその他のロードセルより制度はあまり無い場合が多いです。