目に見えない圧力を視覚情報に変換してくれるロードセルとは

ロードセルとは

すぐに納品します!顕微鏡を販売している業者は即日出荷します。そのため、短納期になります。お急ぎの人は要チェック!

機械による作業やサポートが増えている昨今は、その機械のレベルも高くなり、様々な所で機械による人のサポートが行われています。
このサポートは様々で、例えば人体に有害な場所や、人が到底辿りつけない場所、長期間観測が難しい場合にはとても有効で、人の手や足といった五感の拡張的存在になりつつあります。
機械を制御する方法は様々で、からくり時計やゼンマイ式機器を見るように昔からありとあらゆる仕組みが考えられ、その仕組みによって機械は制御されてきました。
現在ではこの制御にセンサーが使われるのが一般的で、そのセンサーにも用途に合わせて様々な種類が存在します。
センサーは人が見て感じる自然現象、物理的現象で生じる情報を科学的原理により何らかのデータとしてアウトプットできる部品のことで、様々な場所で使用されています。

その1つに力のかかり具合を測るロードセルがあります。
このロードセルとは物に力や圧力を加えた時に元々もつ抵抗が変化する現象を利用したもので、変化する抵抗から加わっている力・圧力を検出します。
全てのものには電気抵抗が存在し、素材が変わればその値も変化します。勿論この値は容量によっても変動するため、形状が変わればその値も変化してきます。
これを歪といい、この値を取得する仕組みをひずみゲージとも呼ばれます。ロードセルにはこのひずみゲージが搭載されています。
電気抵抗はものの断面積を長さで割、素材そのものの電気抵抗率をかけることで算出されます。つまり伸びたり縮んだりすると電気抵抗は変わってきます。
例えば金属棒を伸ばした時は抵抗値は大きくなり、縮めた時は逆に小さくなります。
ロードセルは様々な場所で用いられ、家庭の体重計や工場の大きなはかりでも使われ、製造業や加工業では無くてはならないものの1つです。

洗浄・排水・汚水処理の効率向上やコストカットをしたい人はマイクロバブルを活用しましょう。また特徴や効果などの情報もここで見ることができます。

TOPICS

  • ロードセルの種類

    ロードセルは使用場所と用途によって様々な形と種類が存在します。大きく分けて4つに分けられ、ビーム型、コラム型、S字型、ダイヤフラム型があります。それぞれで特徴があり、適した使用場所も異なります。

    高度な成形技術で他社にはないエラストマーで、希望通りの形にしてくれますよ。高品質ながら低コストで顧客に優しい業者です。

PICK UP

  • 精度と寿命

    絶えず圧力がかかっているロードセルは、物理的な限界があり、耐えられる寿命が決まっています。また精度とも関連していて、寿命を越えて使用してしまうと精度に影響が出てきます。

    品質の高さを物語らせてくれる、理想の精密機械加工はこちらです。綺麗な仕上がりへと導いてくれるので好評を集めています。

  • 仕組みとメリット

    ロードセルの仕組みは起歪体と歪みゲージによって構成されていて、起歪体の変形に合わせて歪みゲージも変形し、歪みの度合いを検出します。通常視覚で確認できない歪みを数値に変換できるため様々な点で利用されます。